ディフェリンはイチゴ鼻に一定の効果が期待できますが、デメリットも存在するので注意!

 

肌をキレイにしたくて、一生懸命洗顔をしても、毛穴が目立ってしまうことがあります。
特に、いちご鼻は毛穴が黒ずんだりして、清潔感に欠けてしまいます。
毛穴パックなどで一時的にキレイにすることが出来ても、またすぐに戻ってしまうものです。
皮膚科では、ニキビ治療などでディフェリンを処方してもらうことが出来ます。
毛穴の汚れを取り除く作用があるのですが、いちご鼻にも効果はあるのでしょうか。

 

 

ディフェリンには、角質を柔らかくして薄くし、肌を薄くする働きがあるので、いちご鼻に効果があると言えます。
しかし、その分乾燥しやすくなります。また、過敏になるので、外部からの刺激に弱くなります。

一番大きなデメリットは、1ヶ月ほど赤みやヒリヒリ感が続くということです。
これは副作用ではなく、ディフェリンがしっかり効果を発揮している証拠ですが、肌をキレイにするための治療で肌が荒れてしまうのは困りますよね

 

薬には、副作用というリスクがあります。しかも、ディフェリンの場合は、副作用ではなく、治療の成果ですから、いちご鼻を治すために必ず通らなくてはいけません。
そのデメリットを背負ってまで、ディフェリンを使わなくてはいけないほど、いちご鼻は難しい症状ではありません。

 

いちご鼻は、毛穴の広がりが原因で起こります。ですから、毛穴の引き締まった肌を作ることが出来れば、汚れの詰まりがなくなり、いちご鼻を改善することが出来るのです。
洗顔は、固形石鹸を泡立てネットでしっかり泡立ててから行いましょう。泡が細かいほど、吸着率が高くなり、毛穴の汚れが落ちやすくなります。
洗顔後はしっかり保湿します。肌細胞が潤いを取り戻すと、肌の再生能力も活性化します。保湿後はクリームなどでしっかり蓋をしましょう。

 

その時に役立つのがリメリーというイチゴ鼻対策用に作られたスキンケアです

 

毎日、数分使うだけに、気になるイチゴ鼻を安全に治すことができます。

 

これだけでも十分いちご鼻対策をすることが出来ます。ディフェリンでつらい1ヶ月を体験しなくても解決出来るなら、その方が良いと思いませんか?